総訣(そうけつ):太極拳の歴史と太極拳で使う術語を紐解く

1.総訣(そうけつ)

太極拳の術語解説
横山隆作 1998年12月(2003年7月補)

 

目次
はじめに
1.総訣
2.姿勢
3.動作
4.呼吸
5.開合
6.圏
7.気
8.技撃

 

1.総訣
太極拳は、意識、呼吸、動作の協調運動である。(基本的な意味の「内三合」)
協調運動を行うには、練習中常に覚醒していなければならない。はじめから「無心」ばかりを求めると、理に気づくのが遅れる。

 

心静体鬆、清心寡欲、浩然之気:
心を静め、全身の力を抜ききる。
闘争心を捨てる。また、むやみと上達を望まない。
太極拳を練習しているときぐらいは、憂き世の苦労を忘れて、のびやかな気持ちになろう。

 

用意不用力:
意を用いて力を用いず。
筋力は大切だが、すべての力を抜き去るくらいにしないと分からないことが多い。パワフルでダイナミックな動作を求めると、精妙な部分に自分で気がつかないということになりやすい。
別解;心が働くのであり力が働くのではない。では心とは何だろうか?

 

勤・学・苦・功・恒:
怠らずに練習に励み、よく考え、難しいところに苦労して、長期間にわたって練習を積み重ねれば、いつかはゆるぎないものになる。
理を考え、発見しながら練習するのが太極拳です。誤った方法でハードな練習を続けると、肉体的な傷害をおこすばかりでなく、精神的にも悪い影響が出ます。

 

出典:漢字辞典

総:
音読み:ソウ
訓読み:ふさ、 すべる、 すべて
対応する英語:general, whole, all, full, total

 

訣:
音読み:ケツ、 ケイ
訓読み:わかれる、 わかれ
対応する英語:separation, part, secret

 

最初から「総訣」という文言そのものが判らずに調べるハメになったが、そのお陰で中国語の難しさが更に深まった。

 

総訣:奄(an)、禁(zin)、迷(mi)、霹(pi)、疾(zi)、八(pa)、圧(ya)、隠(in)、化(hoa)、定(dein)の十字真言を言う。総訣から各種の訣が生じるとあり、総訣は功訣に対してコントロール効果があるとされる。益々訳分からん。もう少し調べたが、これ以上深入りすると脱出できなくなるので辞めにした方が良いと感じた。

 

「太極拳は「意識、呼吸、動作」の協調運動である。(基本的な意味の「内三合」)」と有る。
太極拳でよく聞かれる事の中に「太極拳は呼吸が大切なんでしょう」と呼吸の大切さが太極拳の一番大事な部分のように思われているようだ。確かに呼吸は最も大切な要素なのだが、まだ覚えたての私には、呼吸を意識して太極拳套路などできるものではないほどに難しい。意識しながら動作を覚えてその流れの中で自然に“呼吸”の大切さを覚えてゆくのが“正しい段階”のような気がしている。“呼吸”意識していたら套路など覚えられるのもでのない。

 

なので、とにかく、意識しながら形から覚えて正しい呼吸方法を身につけてゆくのが一番かと思っている。
ただ、意識、呼吸、動作が強調してくると太極拳套路の心地よさが解ってくるような気がする。

 

「協調運動を行うには、練習中常に覚醒していなければならない。はじめから「無心」ばかりを求めると、理に気づくのが遅れる。」

 

確かに「無心」になれとか言わる。「無意識の意識」とかかな?
しかし、それは、ある段階での話であって練習中の身では、それは叶わない事も事実だ。常に「意識、呼吸、動作」の協調運動を心がけて套路の練習をしている段階では、とても「無心」などにはなれるものではない。

 

私の経験では、
まず太極拳の流れ(ウル覚えで良い)を把握し、
一応、空で太極拳の套路をひと通りできたなら、
動作を論理的に出来るだけ忠実になぞりながら、
太極拳の型をひとつひとつマスターして行く。

 

当然、太極拳の動作は、協調一致が大切であり、
以下、

 

2.姿勢
3.動作
4.呼吸
5.開合
6.圏
7.気
8.技撃

 

までを理解しての話ではあるが、、、。

 

ただ、“意識”して套路の練習をしなければ覚えないと思うのだが、
それではなく、
ここでの“意識”とは、太極拳の持つ“意識”に意味だと解釈している。

 

ともかく“呼吸”までをもできた時点で「太極拳マスター」したと言えるし、それには長い期間と多くの努力は必要だと感じてはいる。

この太極拳ページから一番購入された書籍(DVDを含む)のご紹介

太極拳関連で購入されている一番人気で、私がオススメしているお気に入りの書籍(DVD動画を含む)で、※本当に習い覚えたい人向けの書籍(DVD動画を含む)です。
”簡化24式太極拳”をマスターする為の入門、初級及び24式太極拳のDVD動画と太極拳を習得過程で必ずマスターしたくなる48式太極拳、32式太極剣及び太極扇 ※太極拳とは何か?というような書籍ではなく太極拳習える本質を知る得る書籍です。♪
最初に習う入門太極拳 習い始めたら初級太極拳 レベルアップ用24式太極拳

"検定5級"入門用套路

"検定4級"初級者套路

1、2、3級,上位段検定用

48式太極拳 32式太極剣 太極扇

中、上級者向け太極拳

次に習いたい”32太極剣”

女性に人気で優雅な”太極扇”

総訣(そうけつ)関連ページ

太極拳始めに
太極拳の歴史を横山隆作氏の「太極拳の歴史」から考えてみた。(太極拳の歴史と太極拳で使う術語を紐解く)
大極拳の姿勢
太極拳の歴史を横山隆作氏の「太極拳の歴史」から考えてみた。(太極拳の歴史と太極拳で使う術語を紐解く)
大極拳の動作説明
大極拳の動作を詳細に解説してみたい。
大極拳の呼吸方法
大極拳に大切な呼吸を意識なくするのは難しい。そこで大極拳呼吸方法を「逆複式呼吸と息の吸い方と吐き方について考えてみた。
太極拳の開合動作とは
大極拳には多くの記述が残されている。その中の開合に付いて知れべてみて陰陽とか発勁、蓄勁の観点から考察する。
大極拳の円圏とは
大極拳の円圏は難く圏とか円など大極拳で多く使われている。太極拳の歴史を横山隆作氏の「太極拳の歴史」から考えてみた。(太極拳の歴史と太極拳で使う術語を紐解く)
大極拳の気とは?
太極拳の歴史を横山隆作氏の「太極拳の歴史」から考えてみた。(太極拳の歴史と太極拳で使う術語を紐解く)
大極拳の技撃とは?
太極拳の歴史を横山隆作氏の「太極拳の歴史」から考えてみた。(太極拳の歴史と太極拳で使う術語を紐解く)

HOME 太極拳発祥 簡化太極拳教程 お気に入りリンク集 言いたい放題