大極拳の気について(太極拳の歴史と太極拳で使う術語を紐解く)

大極拳の“気”とは?

7.気

気というのは、近年よく知られるようになった言葉であるが、その説明はまちまちで、一定していない。気は、水(血)でも、風(空気)でもないものであって、体の中を流れており、生命のあるものだけにある。

 

気沈丹田

気は、全身おだやかに流れるのがよく、急激な流れや偏り、停滞は「病気」である。
太極拳の動作中は、気が全身にゆきわたり、また意識の向くところに集まる。臍下丹田にのみ気を集めるものではない。

 

“気”
最も好きな文言かもしれない。
だが「難しい。」と思っている。

 

“気”

 

“気”に付いては記述は沢山あり、とても勉強になり参考になるだが、ここでその全てを掲載さいても意味がない。
やはり、ここでは、 武術としての大極拳に類似する事柄を選択して掲載しみたい。でも、どれだけ近づけるかは未定かも?

 

 


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
気(き,Qi)とは、中国思想や道教や中医学(漢方医学)などの用語の一つ。一般的に気は不可視であり、流動的で運動し、作用をおこすとされている。しかし、気は凝固して可視的な物質となり、万物を構成する要素と定義する解釈もある。宇宙生成論や存在論でも論じられた。

 

やはり、難しく捉えすぎだし、難しくしたなるのも無理がないと思っている。
それだけ捉えところのない文言なんだろうと勘ぐる。
その最大の理由は、その“気”の生まれが原因かもしれない。
最初から捉えどころの無い“何か?”を“気”としたからかもしれないのだから、、。

 

まっ 能書きはその位として、、、。

 

“気”の捉え方として、私は、気持ちの“気”として考える事にしている。
全ては、“私”から派生しているのが“気”だと思うのが一番面倒なく解りやすいかもしれないからだ。

 

 

そして“思える私”が、在って“気”存在する。

 

“思える私”が存在し、そこに“気持ち”が生まれる。

 

だから、“気”を考え、気遣うのかも思う。

 

中国思想の用語の一つとしての“気”は、漢方的な要素大きい理由は、もしかしたら「瞬時に効かない薬」だからかも知れない。
速効性の無い漢方だからこそ、そこの“気”という摩訶不思議な言葉が使われているのではないかとも勘ぐってしまう。

 

「気は不可視である。」とも云う。
「気は流動的でる。」
「気は運動的である。」
「気は作用する。」とも云ってる。

 

「気は物質ともなり」
「気は万物を構成する要素」でもある。
「気は宇宙生成の立役者」かもしれない。

 

ここまで来ると
神とか、
宇宙とか、
霊とか、

 

あらぬ方向へと進んでしまい収集がつかなくなってしまう。

 

クスリは、効くと思って飲めば効くよ!といわれる。

 

そう!

 

“思い”を“気”と一緒にして使う事が、とても大切だと感じるだろう。

 

大極拳では、“気”をどこにどのように使うかが鍵となりそうだ。

 

1つとして

 

丹田に意識する。、、、だ。

 

そうすると“気”は、意識とも捉えるとこができる。
だから”気持ち”でも良いのかな?“気”は???

 

“気”を使って“気持ち”をどこに向けると、どのような作用が生じるのか?

 

大極拳では、気遣う全ての部位に気持ちを込めて練習し套路を行なっていれば、何れ“無”の“心”で演武できるとか?

 

上記で言える事は、「大極拳で必要な身体の合理的な武術の形を身につける気遣いが大切だと感じる事」だ。

 

そして、その後でも良いので

 

「太極の理論に則って“宇宙だの、霊だの、世界観だの、と思えば良い。」

 

まずは、大極拳に必要な形を夢中で意識しながら気持ちを込めて套路の練習の中で行えば、自ずと“気”が巡ってくるのではないかと考えている。

 

んんんっ 飛躍し過ぎかもm(__)m

この太極拳ページから一番購入された書籍(DVDを含む)のご紹介

太極拳関連で購入されている一番人気で、私がオススメしているお気に入りの書籍(DVD動画を含む)で、※本当に習い覚えたい人向けの書籍(DVD動画を含む)です。
”簡化24式太極拳”をマスターする為の入門、初級及び24式太極拳のDVD動画と太極拳を習得過程で必ずマスターしたくなる48式太極拳、32式太極剣及び太極扇 ※太極拳とは何か?というような書籍ではなく太極拳習える本質を知る得る書籍です。♪
最初に習う入門太極拳 習い始めたら初級太極拳 レベルアップ用24式太極拳

"検定5級"入門用套路

"検定4級"初級者套路

1、2、3級,上位段検定用

48式太極拳 32式太極剣 太極扇

中、上級者向け太極拳

次に習いたい”32太極剣”

女性に人気で優雅な”太極扇”

大極拳の気とは?関連ページ

太極拳始めに
太極拳の歴史を横山隆作氏の「太極拳の歴史」から考えてみた。(太極拳の歴史と太極拳で使う術語を紐解く)
総訣(そうけつ)
太極拳の歴史を横山隆作氏の「太極拳の歴史」から考えてみた。(太極拳の歴史と太極拳で使う術語を紐解く)
大極拳の姿勢
太極拳の歴史を横山隆作氏の「太極拳の歴史」から考えてみた。(太極拳の歴史と太極拳で使う術語を紐解く)
大極拳の動作説明
大極拳の動作を詳細に解説してみたい。
大極拳の呼吸方法
大極拳に大切な呼吸を意識なくするのは難しい。そこで大極拳呼吸方法を「逆複式呼吸と息の吸い方と吐き方について考えてみた。
太極拳の開合動作とは
大極拳には多くの記述が残されている。その中の開合に付いて知れべてみて陰陽とか発勁、蓄勁の観点から考察する。
大極拳の円圏とは
大極拳の円圏は難く圏とか円など大極拳で多く使われている。太極拳の歴史を横山隆作氏の「太極拳の歴史」から考えてみた。(太極拳の歴史と太極拳で使う術語を紐解く)
大極拳の技撃とは?
太極拳の歴史を横山隆作氏の「太極拳の歴史」から考えてみた。(太極拳の歴史と太極拳で使う術語を紐解く)

HOME 太極拳発祥 簡化太極拳教程 お気に入りリンク集 言いたい放題