簡化24式太極拳教程(入門太極拳、初級太極拳、24式太極拳)を通して美容と健康増進を計る。

簡化太極拳教程(Tai chi forms)

 簡化太極拳(Tai chi)は、24式の形を有し正式名称は「簡化24式太極拳(Tai chi 24 forms)」と称します。
昨今、簡化24式太極拳(Tai chi 24 forms)が、演武(演舞)や競技用で知られているようですが、本来太極拳(Tai chi)を一般に浸透するよう、陽式太極拳から24個の形を取り得れ構成し、簡単化したと言われています。

 

演武や競技としてだけだと底辺の太極拳(Tai chi)を親しむ人たちの層が薄くなってしまうのではと、感じてしまうのは私だけではないようです。

 

太極拳(Tai chi)は、スポーツクラブの中での気功やヨーガ、格闘技、中国武術などと併せて教えているところが多いようです。太極拳(Tai chi)そのものにも、主流と思われている簡化24式太極拳(Tai chi 24 forms)だけではなく、以前から存在している武道・武術を主とする太極拳(Tai chi)の各流派も存在し、活動しています。その中でも「陽式を取り得れた太極拳(Tai chi)」が、一般の太極拳(Tai chi)を学ぶ時に、健康目的の運動を兼ねているとの理由から強く支持されている事も事実なようです。

 

ここで「簡化24式太極拳(Tai chi 24 forms)」を推奨しているのは、24式の他に入門用や初級用といった、比較的簡単に誰にでも太極拳(Tai chi)を体験、体得できるようなシステムができている事です。

 

入門用の太極拳(Tai chi)を学んだだけでも、太極拳(Tai chi)を体験しているような実感が沸いてきます。また、その上の級である「初級用太極拳」に移って練習する頃には、かなり太極拳(Tai chi)らしくなり、「太極拳(Tai chi)のなんたるか」を知り得るようになってきます。どのような種類のスポーツでも同じですが、継続して練習し、繰り返し実行して行くことで、新たな”気付き”も生まれてくるようです。

 

簡化24式太極拳(Tai chi 24 forms)が、演武用、競技用として見てしまうと、あまりにも凄すぎて尻込みしてしまいますが、本来の持つ、簡単に誰でも取り組める太極拳(Tai chi)として考えれば、入門用や初級用でも充分に太極拳(Tai chi)を体験できますし、また健康増進の一助を担える、そんな一面も持ち合わせています。

 

You tube動画などで観る太極拳(Tai chi)は、「フィギュアスケートのショートプログラム」のような位置づけかと考えています。それ位凄い表現力を持っており、講師、老師、達人クラスの人達の演ずる太極拳(Tai chi)は、オリンピック級の凄技を演じているので、そこまで要求せず、自分のできる範囲で気軽に習得してゆくことをお奨めいたします。

 

簡化24式太極拳(Tai chi 24 forms)の形を如何に忠実に表演して行くかを競う事を頂点にしているので、一般の太極拳(Tai chi)を楽しむ人たちからは、とても表現のできないような技、形に進化しているような気がしています。

 

太極拳(Tai chi)を力の技としてではなく、気の技として、また身体機能の活性化を促すような運動として併せて「気」を用いた身体機能活性化を目的にする重要な役割も担えると期待もしています。

 

太極拳(Tai chi)には、気功やヨーガ的な効果も充分期待できる事を強調した教え方を工夫する事で、太極拳(Tai chi)の形、だけではなく更に発展した太極拳(Tai chi)の持ち潜在的な効果も期待できると思っています。

 

「座禅」は、世界に発信できる日本の文化ですが、日常の生活の中でも、この「禅」を
意識的に行なえば、どのような場面でも「禅」として効果があると思っています。

 

太極拳(Tai chi)でも、この「禅」という意識を持つ事で、武術の拳法ではなく、気を高める禅としての効果と、身体のバランスを保つ大きな要素を秘めた太極拳(Tai chi)として、大きく育つのではないかと考えています。

簡化太極拳の習得過程

 太極拳(Tai chi)の練習過程では、最初に行なうのが、「入門太極拳教程(Tai chi 8 forms)」です。次が、「初級太極拳教程(Tai chi 8 forms)」です。この二つの過程を習得するだけでも身体のバランスに必要な運動機能の練習になります。
更に高度な太極拳(Tai chi)を学びたければ、「簡化24式太極拳教程(Tai chi 24 forms)」を練習(修練と言った方が適切)するのが一般的です。本来健康を目的とするなら24式全てを習得せずとも、段階的に24式の前段と後段とに分けて練習して行くと良いでしょう。

 

自分の目的、身体などに併せ、楽しく学ばれる事が、一番長続きできる要因かと思います。

 

以下に、ここで取り扱う『入門太極拳教程(Tai chi 8 forms)』、『初級太極拳教程(Tai chi 8 forms)』及び『簡化24式太極拳教程(Tai chi 24 forms)』を、ご紹介します。

 

入門太極拳教程(Tai chi 8 forms)

 簡化24式太極拳を段階的にマスターしてゆくために作られた階級の一つで、一番下のクラス(階級)を入門太極拳と呼びます。入門太極拳(Tai chi 8 forms)は、5級から3段まである階級の中で5級に相当し、太極拳(Tai chi)を習う上で最初に教わる比較的簡単で基本的な太極拳(Tai chi)の形を学び、その技術を評価できるように構成されたシンプルな入門用の太極拳に仕上がっています。
入門太極拳教程(Tai chi 8 forms) ⇒ 詳細はこちら

 

初級太極拳教程(Tai chi 8 forms)

 簡化24式太極拳(Tai chi 24 forms)を段階的にマスターしてゆくために作られた階級の一つで、下から二番目のクラス(階級)を初級太極拳と呼びます。初級太極拳は、5級から3段まである階級の中で4級に相当し、太極拳(Tai chi)を習う上での基本的なな太極拳(Tai chi)の型を学び、その技術を評価できるように構成されたシンプルな初級用の対極拳(Tai chi)の形で構成されています。
初級太極拳教程(Tai chi 8 forms) ⇒ 詳細はこちら

 

簡化24式太極拳教程(Tai chi 24 forms)

 簡化24式太極拳(Tai chi 24 forms)は、楊式太極拳を元に24組の主な動作を組み合わせ、比較的簡単な動作から難しい動作へと導いてゆくので、老若男女、年端に関係なく初心者にも優しい太極拳(Tai chi)として習得し易く構成された健康体操としても親しまれています。ただ、24式の中には、かなり難しい形も存在していますので、入門や初級などを経て、徐々にマスターされてゆくのが、ベストな方法かと思います。
簡化24式太極拳教程(Tai chi 24 forms) ⇒ 詳細はこちら

この太極拳ページから一番購入された書籍(DVDを含む)のご紹介

太極拳関連で購入されている一番人気で、私がオススメしているお気に入りの書籍(DVD動画を含む)で、※本当に習い覚えたい人向けの書籍(DVD動画を含む)です。
”簡化24式太極拳”をマスターする為の入門、初級及び24式太極拳のDVD動画と太極拳を習得過程で必ずマスターしたくなる48式太極拳、32式太極剣及び太極扇 ※太極拳とは何か?というような書籍ではなく太極拳習える本質を知る得る書籍です。♪
最初に習う入門太極拳 習い始めたら初級太極拳 レベルアップ用24式太極拳

"検定5級"入門用套路

"検定4級"初級者套路

1、2、3級,上位段検定用

48式太極拳 32式太極剣 太極扇

中、上級者向け太極拳

次に習いたい”32太極剣”

女性に人気で優雅な”太極扇”


HOME 太極拳発祥 簡化太極拳教程 お気に入りリンク集 言いたい放題