左右倒巻肱は、簡化24式太極拳の6番目の演目で太極拳を通して美容と健康増進し、合わせて中国伝来の武術をマスターできます。

6 左右倒巻肱(ズオヨウダオジェンゴン)

【簡化24式太極拳】
◎ 倒巻肱(ダオジェンゴン)
 下がりながら相手に反撃する戦法。相手が攻撃してきた時に前の手で相手の手を受け止め、下がりながら相手の手を引きこみ、機に乗じて別の手で攻撃する。
◎ テンポ
 全32拍=(左8拍づつ16拍、右8拍づつ16拍)1、2拍で腰を回しながら手を動かし、3、4、5拍で〔2〕項、6、7、8拍で〔3〕項

 

〔1〕右倒巻肱(ヨウダオジェンゴン)
(1)転体撒手(ヂュワンティチャーショウ)

◇ 上体を右に回し右手を右上後方に引き上げる動作
@ 上体を右に約60度回し、顔を向け、右手は弧を描きながら斜め後方に沿って伸ばし、肩の高さに引き上げる。
A 右腕の肘は少し曲げたままの姿勢で、左手はそのままの位置で、両掌を反して上に向ける。
B 左脚の踵を着け、足先は地に着けないでおく。

 

視線⇒体の回転に伴い、右後方を見て後、前に転じて左手を見る。

 

41、42図

 

(2)退歩巻肱(トィブーヂュワゴン)

◇ 左膝を上げ右腕を返し押し出す動作
@ 左脚を軽く上げ、右足くるぶしの側を止まらずに爪先をやや外向きにし、親指側から地に着ける。
A 右肘を曲げ、敬礼の形をとり、掌を斜め下、前方に向ける。

 

視線⇒前方左手

 

43図

 

(3)虚歩推掌(シュウブートイジャン)

◇ 下がりながら右手を押し出す動作
@ 左脚を少し左側後ろに下げ、爪先を地に着け、
A 上体を左よりに回しながら、左脚を後ろに引きつつ、足底を全部地に着け、重心を左脚に移す。
この時。
B 右足の爪先を軸に指先が前に向くよう方向を補正し、膝を少し曲げて※右虚歩を作る。
同時に
C 右手を耳の側から更に前に押し出し、掌を前に向けて立て、左掌を上に左胸外側まで肘を引きつける。
☆この動作中は、特に上体を真っ直ぐに、腰とももを柔軟に保つようにする。

 

視線⇒右手

 

44図

 

〔2〕左倒巻肱(ヅオダオジェンゴン)
(1)転体撤手(ヂュワンティチャーショウ)

◇ 上体を左に回し左手を左上、後方に引き上げる動作
@ 上体を左に回しながら、引きつけた左手を下から左上後方に向け、弧を描き、掌を上に向け、肩の高さに引き上げる。
☆その時、曲げた肘は、肩の後ろへ行かないよう気をつけること。
A 右手は、それまで前に向けていた手の平を返して、上向きにする。

 

視線⇒体の回転につれ、まず左後方を見て、それから前に移して右手を見る。

 

45図

 

(2)退歩巻肱(トィブーヂャンワンゴン)

◇ 右膝を上げ左腕を返し前へ進める動作
@ 右脚の膝を曲げ、左足の側を止まらずに約10センチ以内で爪先を自然に垂らす。
A 左腕を曲げ、左手は敬礼の形をとり、耳の側を通って斜め前下へ押し出す。

 

視線⇒前方

 

46図

 

(3)虚歩推掌(シュウブートィジャン)

◇ 下がりながら、左手を前に突き出す動作
@ 少し右側に右脚を後ろに下げ、爪先を地に着け、
A 上体を右よりに回しながら、右脚を引きつつ足底を全部地に着け、重心を左脚に移す。
この時、
B 左足底の前部を軸に指先が前に向くよう方向を補正し、膝を少し曲げて※左虚歩を作る。
同時に
C 左手を耳の側から更に前に押し出し、掌を前に向けて立て、右掌は上に向けたままで手が右胸外側まで肘を引きつける。
☆この動作中は、特に上体を真っ直ぐに、腰とももを柔軟に保つようにする。

 

視線⇒左手

 

47図

 

〔3〕右倒巻肱(ヨウダオジェンゴン)
(1)転体撒手(ヂュワンティチャーショウ)

◇ 上体を右に回し右手を右上後方に引き上げる動作
@ 上体を右に約60度回し顔を向け、右手は弧を描きながら斜め後ろへ、そして肩の高さに引き上げる。
A 右肘を少し曲げたままで左掌を上に向ける。
B 左脚の踵を着き、足先は地に着けないでおく。

 

視線⇒体の回転に伴い、右後方を見て後、前に転じて左手を見る。

 

48図

 

(2)退歩巻肱(トィブーヂャワンゴン)

◇ 左ひざを上げ右腕を返して前へ進める動作
〔1〕の(2)43図と同じ動作

 

49図

 

(3)虚歩推掌(シュウブートイジャン)

◇ 後に下がり右手を前に突きだす動作
〔1〕の(3)44図と同じ動作

 

50図

 

〔4〕左倒巻肱(ヅオダオジェンゴン)
(1)転体撤手(チュワンティチャーショウ)

◇ 上体を左に回し、左手を左上後方に引き上げる動作
〔2〕の(1)45図と同じ動作

 

51図

 

(2)退歩巻肱(トィブーヂュワンゴン)

◇ 右膝を上げ、左腕を返して前へ進める動作
〔2〕の(2)46図と同じ動作

 

52図

 

(3)虚歩推掌(シュウブートィジャン)

◇ 下がりながら左手を前に突き出す動作
〔2〕の(3)47図と同じ動作

 

53図

 

簡化24式太極拳教程

◎ 6 左右倒巻肱(ズオヨウダオジェンゴン)
5 揮琵琶<  >7 左攬雀尾

この太極拳ページから一番購入された書籍(DVDを含む)のご紹介

太極拳関連で購入されている一番人気で、私がオススメしているお気に入りの書籍(DVD動画を含む)で、※本当に習い覚えたい人向けの書籍(DVD動画を含む)です。
”簡化24式太極拳”をマスターする為の入門、初級及び24式太極拳のDVD動画と太極拳を習得過程で必ずマスターしたくなる48式太極拳、32式太極剣及び太極扇 ※太極拳とは何か?というような書籍ではなく太極拳習える本質を知る得る書籍です。♪
最初に習う入門太極拳 習い始めたら初級太極拳 レベルアップ用24式太極拳

"検定5級"入門用套路

"検定4級"初級者套路

1、2、3級,上位段検定用

48式太極拳 32式太極剣 太極扇

中、上級者向け太極拳

次に習いたい”32太極剣”

女性に人気で優雅な”太極扇”

6 左右倒巻肱(dao nian hou)関連ページ

1 起勢(qi shi)
起勢(チーシー)とは、簡化24式太極拳の始めの姿勢を現しています。
2 左右野馬分髪(ye ma fen zong)
簡化24式太極拳(tai-chi)は、入門太極拳、初級太極拳など段階的にレベルアップが計れる階級があり、健康・美容目的から簡化24式太極拳の競技会などと発展していきます。
太極拳が健康ブームなどで若い方からご年配まで幅広くご指示戴いている理由として道具など必要とせずにお手軽に誰でも直ぐに楽しめるスポーツとして浸透しています。
3 白鶴亮翅(bai he liang chi)
白鶴亮翅(バイフーリャンチ);白鶴が羽根を広げたような姿勢から例えられ命名されています。
4 左右楼膝拗歩( xi ao bu)
左右楼膝拗歩とは、右に左に、膝の上をはらいながら腰をひねって進むワザです。
5 手揮琵琶(shou hui pi pa)
手揮琵琶とは、手でびわを抱えるような形から命名されています。
7 左攬雀尾(zuo lan que wei)
左攬雀尾とは、左向き孔雀の尾を引き寄せるような仕草から命名されています。
8 右攬雀尾(you lan que wei)
右攬雀尾とは、右向き孔雀の尾を引き寄せるような仕草から命名されています。
9 単鞭(dan bian)
単鞭とは、ムチで一回、ピシッと打ったような動作から命名されています。
10 雲手(yun shou)
雲手とは、左向き手で雲を描くような動作から命名されています。
11 単鞭(dan bian)
単鞭とは、ムチで一回、ピシッと打ったような動作から命名されています。
12 高探馬(gao tan ma)
高探馬とは、高い所で相手を探るような動作から命名されています。
13 右?脚(you deng jiao)
右?脚とは、右足で蹴る動作です。
14 双峰貫耳(shuang feng guan er)
双峰貫耳とは、両手を使って相手の両耳を攻める動作です。
15 転身左?脚(ZhUanShenyoudengjiao)
簡化24式太極拳(tai-chi)は、入門太極拳、初級太極拳など段階的にレベルアップが計れる階級があり、健康・美容目的から簡化24式太極拳の競技会などと発展していきます。
太極拳が健康ブームなどで若い方からご年配まで幅広くご指示戴いている理由として道具など必要とせずにお手軽に誰でも直ぐに楽しめるスポーツとして浸透しています。
16 左下勢独立(zuo xia shi du li)
左下勢独立とは、左足一本立ちした姿勢です。
17 右下勢独立(you xia shi du li)
右下勢独立とは、右足一本立ちした姿勢です。
18 左右穿梭(zuo you chuan suo)
左右穿梭とは、機織の姿勢を指しています。
19 海底針(hai di zhen)
海底針とは、海の底の針を拾う姿から命名されています。
20 閃通臂(shan tong bei)
閃通臂とは、拳法特有の受け技の事です。
21 転身搬?捶(ZhuanShenBbanLanChui)
転身搬欄捶とは、身を転じ、右手の鉄鎚で打つ動作です。
22 如封似閉(ru feng si bi)
如封似閉は、封じる姿勢を意味しています。
23 十字手(shi zi shou)
十字手とは、両手を組んで敵を防ぐ動作です。
24 収勢(shou shi)
収勢とは、太極拳の終わりの姿勢です。
予備勢(ユーベイシー)
予備勢(ユーベイシー)は、 太極拳を行なう心と体の事前準備をする姿勢『開離歩』、即ち立位から足を開き分けた身体をいう。

HOME 太極拳発祥 簡化太極拳教程 お気に入りリンク集 言いたい放題