右攬雀尾は、初級太極拳教程の5番目の演目で太極拳を通して美容と健康増進し、合わせて中国伝来の武術をマスターできます。

5 右攬雀尾(ヨウランチュウエイ)

【初級太極拳】
◎ 右攬雀尾(ヨウランチュウェイ)
 孔雀の尾を引き寄せるような動作から命名。四種の基本小動作(棚、将、擠、按)から構成されている。
・棚 :手や腕で相手を受け、前進を阻み、相手の動きを読む。
・将 :攻撃する相手を後ろに引きこんで崩す。
・擠 :両腕を近づけて後ろに引いた相手を攻める。
・按 :両手で相手を引きいれて力を無くし相手を押し出す。
◎ テンポ
 全28拍=1,2で分手、5、6拍で脚を寄せ、7拍で脚を出し、8〜10拍で棚手、11、12拍で(5)項、13〜16拍で(6)項、17、18拍で右手を左手首内側におき、19〜22拍で(8)項、23〜28拍で後ろに引き前へ(10)項となる。

 

(1)転体分手(ヂュワンテイフェンショウ)

◇ 上体を右に回し、左足先を内側に回す動作
@ 上体を右に回しながら体を引き、重心を右脚に移す。
A 右膝を曲げ、左脚の膝を伸ばし、爪先を上げる。
B 同時に、左足の踵を基軸に、爪先を約90度右に向け、右手を後ろに開く。
C 右手を水平に弧を描いて右に回し、掌を前に向け、左右に手を広げた形にする。

 

視線⇒右手に沿う。

 

67、68図

 

(2)抱球収脚(バオチュウショウジャオ)

◇ 両手で球を抱えるようにし、右脚を引き寄せる動作
@ 上体を右に回し、両手でボールを左胸の前で抱えるようにし、右足を引き寄せる。
A 右手は、右から下へ、それから左へと弧を描くように回し、左脇腹の前で掌を上に向けて止める。

 

69図

 

B 左掌を下に向け、左胸の前で前腕を横にし、両手でボールを抱えるような形を作る。
脚の動作では、
C 重心を左脚に移しながら右脚を左脚の内側に引き寄せ、右足の爪先を地に着ける。(着けなくても良い)

 

視線⇒左手

 

70図

 

(3)転体上歩(ヂュワンティシャンブー)

◇ 右足を前に出し、両手を右上と左下に分ける動作
@ 上体を少し右に回しながら、右脚を右前に一歩踏み出して、踵を地に着ける。
A この動作と同時に、右手を右上に上げ始め、左手は左下に下げ始める。

 

視線⇒右手の移動に従う。

 

71図

 

(4)弓歩棚手(ゴンブーボンショウ)

◇ 右弓歩の姿勢をとり、右前腕を横にし前に押す出す動作
@ 上体を更に右に回して、右正面の右足先の方向に押し出す。
A 踵だけ地に着けていた右足も地に着け、右膝を曲げ、左脚を伸ばし※右弓歩の姿勢をとる。
B この時、両足の横幅は約10センチを超えないよう注意する。
同時に
C 右手の肘を曲げ、前腕を横に掌を手前に向け、肩の高さになるまで前方に押し出す。
D 左手を左下へ下げながら左腰脇の側まで引き寄せ、掌を下向きにし、押すようにする。

 

視線⇒右手

 

72図

 

(5)転体揮臂(ヂュワンティホイベイ)

◇ 上体をやや右に回し、両手を斜め右上に伸ばす動作
@ 上体を僅かに右に回し、それに従い右手を斜め右上に向け、掌を下向きにして伸ばす。
A それと同時に、左掌を上向きに返しながら腹の前を通し、斜め右上に上げる。
B 両脚をそのままとし、左手の指先を右肘の下にくるぐらいまで伸ばす。

 

視線⇒右手

 

73図

 

(6)虚歩後将(シュウブーホウリュウ)

◇ 上体を左に回しながら体を引き、両手を下ろし後方に弧を描く動作
@ 上体を左に回しながら体を引き、左膝を曲げ、右膝を伸ばし、重心を左脚に移す。
A それと同時に、両手を下ろし、腹の前を通し、更に左上後方に弧を描いて押し上げる。
その時、
B 左掌を斜め前に向け、肩の高さになるまで上げ、右腕の掌を返して手前に向けながら胸の前で前腕を横にする。

 

視線⇒左手

 

74図

 

(7)転体搭手(ヂュワンティダーショウ)

◇ 上体を右に回して左手を右手首に近づける動作
@ 上体を右に回して右足先の方向に向ける。
それと同時に
A 左肘を曲げて腕を前方に倒し、左掌を前向きに立て、右手首を押すようにして近づける。
その時、
B 左手と右手は約5センチ程度離す。

 

視線⇒前方

 

75図

 

(8)弓歩前擠(ゴンブーチェンジー)

◇ 右膝を曲げ、重心を前に移して両手を前に押し出す動作
@ 右膝を曲げながら重心を前に移し、上体を前に押し出し、左膝を伸ばす。
A 同時に、両手を近づけ、前方へユックリと押し出す。
この時、
B 右掌を後ろ向き、左掌は前向きとし、右の前腕を半円の形とする。

 

視線⇒右手首

 

76図

 

(9)引手後座(インショウホウゾウォ)

◇ 上体を後方に引き、両手も手前に引き寄せる動作
@ 左手を右手首から徐々に外して前へ伸ばし、掌を下向きにする。
同時に
A 右手も前へ伸ばして掌を下に向ける。

 

77図

 

B この時の両手の間を肩幅と同じくらいにする。
続いて
C 上体を徐々に後に引き、左膝を曲げながら重心を左脚に移し、右脚を自然に伸ばし爪先を上げる。

 

78図

 

同時に
D 両手の肘を曲げて、お腹の前まで引き寄せ、手首を曲げて掌を約45度に立てる。

 

視線⇒前方

 

79図

 

(10)弓歩前按(ゴンブーチェンアン)

◇ 左弓歩の姿勢で両手を前、上に押し出す動作
@ 上体を前に押し出しながら、右膝を曲げ、重心を掛け、左脚を伸ばし、※右弓歩の姿勢を作る。
A 同時に、両掌を垂直に立てながら、前へ、そして上に向けて肩の高さになるまで押し出す。

 

視線⇒前方

 

※弓歩の姿勢
 腰の動きを滑らかにし、上体を真っ直ぐにする。両手を充分に前に押しだすが、肩に力を入 れないように注意し、手の平を広げて指を伸ばす形をいう。

 

 

初級太極拳教程

△ 初級太極拳概要 ⇒ 4 左攪雀尾 < 5 右攪雀尾 > 6 単鞭
▽ 入門太極拳教程
▽ 簡化24式太極拳教程

この太極拳ページから一番購入された書籍(DVDを含む)のご紹介

太極拳関連で購入されている一番人気で、私がオススメしているお気に入りの書籍(DVD動画を含む)で、※本当に習い覚えたい人向けの書籍(DVD動画を含む)です。
”簡化24式太極拳”をマスターする為の入門、初級及び24式太極拳のDVD動画と太極拳を習得過程で必ずマスターしたくなる48式太極拳、32式太極剣及び太極扇 ※太極拳とは何か?というような書籍ではなく太極拳習える本質を知る得る書籍です。♪
最初に習う入門太極拳 習い始めたら初級太極拳 レベルアップ用24式太極拳

"検定5級"入門用套路

"検定4級"初級者套路

1、2、3級,上位段検定用

48式太極拳 32式太極剣 太極扇

中、上級者向け太極拳

次に習いたい”32太極剣”

女性に人気で優雅な”太極扇”

5 右攬雀尾(you lan que wei)関連ページ

1 起勢(qi shi)
起勢(チーシー)とは、初級太極拳教程の始めの姿勢をを呼びます。
2 野馬分髪(ye ma fen zong)
野馬分髪(ズオヨウイェマフェンゾン)とは、野馬のタテガミを分ける動作に似ていることから名づけられています。
3 倒巻肱(dao nian hou)
倒巻猴とは、左、右の肘の逆回し動作を言います。
4 左攬雀尾(zuo lan que wei)
左攬雀尾とは、左向き孔雀の尾を引き寄せるような仕草から命名されています。
6 単鞭(dan bian)
単鞭とは、ムチで一回、ピシッと打ったような動作から命名されています。
7 十字手(shi zi shou)
十字手とは、両手を組んで敵を防ぐ動作です。
8 収勢(shou shi)
収勢とは、初級太極拳の終わりの姿勢です。

HOME 太極拳発祥 簡化太極拳教程 お気に入りリンク集 言いたい放題