太極拳基本功とは?

太極拳基本功とは?

太極拳に基本功というのは存在するのか探ってみた。

 

分かったのは、基本功という言葉を用いられているのは、武術では知られていて別に太極拳だけではない。
イヤ!むしろ太極拳で積極的に基本功を推奨していないようだ。
ここで取り上げると斟酌をかえそうな“練功十八法”の件しかり、太極拳の準備に用いられているのも基本功だ。

 

基本功を調べると“難しい”
著者には、頭の痛くなりそうな“基本功”の下りが多くて解釈不能にせまっている。
しかし、何とか太極拳に有意義な“基本功”を見つけ、是非とも太極拳に取り入れて切磋琢磨したいと考えている。

 

太極拳の基本功って無い?
基本功は、基本功で有って“太極拳”の基本功では無いのが本当の所だろう。
“基本功”でググってみると分かるのだが、殆どが“武術”としての“基本功“が主だ。

 

そので私の実践している簡単な“基本功”を参考に掲載してみる。

 

簡単な基本功動作とは

太極拳の練習イメージ保つ為に正しい姿勢で立つ事から始めると良い。
両足爪先を並行に揃えて立ちアゴを軽く引き頭を体の中心にし肩の力を抜く下げる。
身体の前後左右を意識し「リラックスする直立不動の自分」をイメージすると良い。
次に
両足を肩幅に広げ、両膝を軽く曲げ、腹より少し上目に両手の間隔を数センチ取り両手で丸いボールを抱えた姿勢を作る。
この姿勢の大きなポイントは、肩の力を抜き、リラックスした状態を意識し肩から腕、指先で丸い円を作る。
姿勢で大事なのは、背筋の伸びた直立姿勢ではなく「頭の真ん中を糸で吊り上げられている感じを持つ」の良い。

 

この姿勢で長く続けられれば、正しい姿勢が作られたと言えるだろう。
直ぐに足、腰、膝、腕が痛くなったりするようで有れば、正しい姿勢とは言えない。
楽に「※長い時間」を保てるようになるまで姿勢の微調整をすると良い。※数十分は可能な姿勢をいう。
ただ自分で正しい姿勢かどうかなかなか判断できないので他に人に姿勢を見て貰えると良い。

 

本来、上記の基本功では、足幅を肩幅より広めにし、両足はやや内側にするのが正しい。
しかし、太極拳の練習を兼ねているので“開歩”(kai bu)から“起勢”(chi shi)の動作をしながら大きな“抱球”すると良い。
両膝を曲げる場合にもお尻の穴が真下を向くような意識と背中が直立した姿勢ではなく、多少弓なりな感じを保つにしたい。
膝を曲げる深さは、個人差があるのでムリをせずに少しつづ練習し深くするのが望ましいが、決してしてならない事は、膝が爪先を超えないように心がけたい。膝が爪先を超えると膝の故障の原因になるからだ。膝の故障の大きな原因は「膝を曲げた中間姿勢が幾ら深くても膝が爪先からはみ出さない」ように気をつける事。

 

簡単な基本功の終わり
以上の姿勢を終了するには、最初の“起勢”の下げ動作をし“収勢”とする。(収功?)

 

収功の後は、両手を丹田の添えて静かに呼吸を整える方法とか、両手をこすり重ねてその手で顔、肩、腰、足などを軽くなぞりさする「手当」をすると良い。

 

※難しい、基本功については、宿題としたいm(__)m

この太極拳ページから一番購入された書籍(DVDを含む)のご紹介

太極拳関連で購入されている一番人気で、私がオススメしているお気に入りの書籍(DVD動画を含む)で、※本当に習い覚えたい人向けの書籍(DVD動画を含む)です。
”簡化24式太極拳”をマスターする為の入門、初級及び24式太極拳のDVD動画と太極拳を習得過程で必ずマスターしたくなる48式太極拳、32式太極剣及び太極扇 ※太極拳とは何か?というような書籍ではなく太極拳習える本質を知る得る書籍です。♪
最初に習う入門太極拳 習い始めたら初級太極拳 レベルアップ用24式太極拳

"検定5級"入門用套路

"検定4級"初級者套路

1、2、3級,上位段検定用

48式太極拳 32式太極剣 太極扇

中、上級者向け太極拳

次に習いたい”32太極剣”

女性に人気で優雅な”太極扇”

太極拳基本功とは?関連ページ

練功十八法(日本健康つくり協会)
太極拳(tai-chi)の準備体操として最も知られている献身体操です。老若男女誰でも簡単に行う事ができる現代の健康体操です。NPO法人 日本健康づくり協会
五分間導引養生気功法
中国気功法の五分間導引養生気功として親しまれている「五分間導引法」とか「五分間養生功」などとして太極拳の準備(予備)運動などに用いられています。

HOME 太極拳発祥 簡化太極拳教程 お気に入りリンク集 言いたい放題