簡化24式太極拳教程(入門太極拳、初級太極拳、24式太極拳)を通して美容と健康増進を計る。

太極拳の音楽と効果(Tai Chi Melody)

 太極拳(Tai Chi)といえば、中国独特のメロディー(Melody)を思い出す。今では聞きなれて来てはいるが、日本人の感覚からすれば、まだまだ”独特な、、、”、といえる太極拳メロディー(Tai Chi Melody)だ。でも、このメロディーが、太極拳(Tai Chi)を表演するときには欠かせない。
 太極拳(Tai Chi)の練習中にも、この中国風メロディーが流れていると何故か、太極拳(Tai Chi)をしているという実感が持てる。面白いもので、太極拳(Tai Chi)の何たるかも知らないうちから、この中国風の音楽が流れていると、太極拳(Tai Chi)を表演している一人になれるのだ。

 

音楽の効果が、顕著に現れる良い例だと思う。

 

運動と音楽

 その最も良い例が、音楽無しでは、始まらない『フェギャー・スケート競技』だ。
音楽に合わせて舞う姿、音楽にシンクロして舞う姿は、実に美しい。
ショートプログラムそしてフリースタイルと、選手各々が、自分に課したプログラムに従って音楽に合わせて舞う姿は、素晴らしい。
 太極拳もそうで、太極拳には太極拳として合うメロディー・音楽が有るのではと思う。
音楽というより、楽曲と呼んだほうが良いかもしれない。 

 

その楽曲は、聴けば直ぐに『中国』って判るほど独特な調べで流れ続く。
この『中国独特』な楽曲に太極拳の調べが、実に良く収まるのだ。

 

でも、『太極拳(Tai Chi)って拳法なんだから、音楽なんて必要ないんじゃないの?』て思うだろう。
実は、私も不思議だったが、太極拳(Tai Chi)の変遷を辿ると、直ぐに『楽曲有り』に納得するだろう。

 

テレビドラマの西部警察で、犯人を追う時に、何故か音楽が流れるアレだ!
水戸黄門の7時45分になると、突然に音楽が流れ、印籠がアップするアレだ!

 

でも、チョット違って、太極拳(Tai Chi)を表演する時のリズムを掴む時に重要な要素を秘めているのが音楽と言える。

 

太極拳(Tai Chi)も当然、拳法だから、本来、敵と戦う素早い動きが必要となる。その素早い動きを、恐ろしくユックリな動作でなぞるように表演するのが、太極拳(Tai Chi)と思えばよい。(早い動きの太極拳(Tai Chi)もある)

 

張り詰めた中で、頭から手の指、足の先まで全身に気を巡らせ、体の力を抜くが、凛とした姿勢で、ユックリと自然に淀みない動きを要求される太極拳(Tai Chi)に合う音楽が必要だ。それも楽曲は、中国風が良い。

 

では、太極拳(Tai Chi)には、どんな楽曲でどんなテンポやリズムがお似合いなんだろう。

 

テンポとリズムについて

 太極拳(Tai Chi)を最初に始める時のイメージでは、やはり独特の中国的音楽のメロディーが流れる印象を受ける。
練習過程においてもバックグランドとしての音楽は、中国風が多い。日本人の作曲したメロディーでも中国風にアレンジしている音楽を流す方が、気分良く太極拳(Tai Chi)の練習に打ち込める。
その良い例が、「喜太郎の中国風バージョン」だ。

 

テンポ

 太極拳(Tai Chi)を勉強する中で、練習過程で音楽が早く習得できる大きな要素を秘めそうだと思うようになり、調べていたら、既に太極拳でも「太極拳の音楽」というのがあった。これは「簡化24式太極拳(Tai Chi 24 forms)」の形を学ぶ時に、そのテンポに従って練習したり、表演できるように作曲されている。

 

既にそのテンポも太極拳(Tai Chi)の各組みに適用されていて、練習過程で、そのテンポを念頭に入れて行なえば、24式の流れで表演でき完結できる。

 

簡化24式太極拳(Tai Chi 24 forms)の表演時間は、4分〜6分ほどの意外と短い時間で行なわれる。2分程の差があるのだが、初心者、初級者レベルでは、5〜6分、練磨した上級者だと4分台で、流れるように表演できるという。

 

では、1テンポが、どの位の時間なのだろうと計測してみたら、入門太極拳の表演では、1テンポ1秒だった。これは、初心者レベルでもキツイ。実は、ユックリだと逆にキツク感じてしまう。しかし、練習過程では、一挙手一動を考えながら行なえる時間だと1秒という時間もありえるのではって考えている。

 

時間、テンポを念頭に入れて太極拳(Tai Chi)の練習をすると、太極拳本来の身体や心身への効果が薄れてしまうのではって思うのだが、それが、意外とそうではなくて、考え、考え、全身に神経を巡らせて行なう練習でも、練習の数十分で、体が火照り、手に汗が滲み、気分爽快になる。

 

テンポを意識し、形を意識し、全身に気を巡らして行なう練習でも充分に太極拳の効果が体得できるのが嬉しい。
寧ろ、慣れ親しみ無意識に太極拳の表演を終了してしまうより、頭のテッペンから手先、足先まで、気を巡らし、テンポに合わせた太極拳の練習をしている方が、効果が大きいように思われる。

 

リズム

 太極拳(Tai Chi)を表演する中で、テンポ良く流れるように自分の太極拳(Tai Chi)を表現するのが、リズムだと思っている。
テンポは、決められているが、リズムは、そのテンポの中で自分の太極拳を表現して行く時にリズムが生まれる。
私は、リズムを、そのように捉えてみた。シンクロナイズスイムなどのように必ずしも複数人で表現する事でもないのでテンポそのものも、その人の感性で違ってくるようだ。
簡化24式太極拳(Tai Chi 24 forms)でも4分〜6分程度の時間内で、その人の練習過程とか、練磨度によって表演するのが良いとされている。
テンポは存在するが、そのテンポの時間は、自分のリズムの中で決めてゆく。従って太極拳の音楽にテンポを付けた場合は、その決められた時間のテンポで表演する事になる。

 

練習過程においては、このテンポがとても有効になってくると思っている。ただ、テンポのある音楽を流した場合には、かなりの練習も進んで一通り表演できると更にテンポのある音楽が有効になってくるのだと思う。

 

「テンポ良くリズムに乗って」太極拳を表演できたらどんなにか素晴らしいことだろうと常々思って日々練習している。

太極拳の音楽と効果(Tai Chi Melody)記事一覧

太極拳の音楽と効果

 太極拳の音楽に効果的な楽曲のご紹介をしています。太極拳の音楽的効果とは、太極拳の練習過程で、また太極拳の表演で、太極拳に相応しいメロディーが流れていた方が、表演者もそれを見学する人にも心地よいのではないかと思うような音楽を意味します。 練習過程でリズム良く太極拳をマスターする為に、バックグランドミ...

≫続きを読む

この太極拳ページから一番購入された書籍(DVDを含む)のご紹介

太極拳関連で購入されている一番人気で、私がオススメしているお気に入りの書籍(DVD動画を含む)で、※本当に習い覚えたい人向けの書籍(DVD動画を含む)です。
”簡化24式太極拳”をマスターする為の入門、初級及び24式太極拳のDVD動画と太極拳を習得過程で必ずマスターしたくなる48式太極拳、32式太極剣及び太極扇 ※太極拳とは何か?というような書籍ではなく太極拳習える本質を知る得る書籍です。♪
最初に習う入門太極拳 習い始めたら初級太極拳 レベルアップ用24式太極拳

"検定5級"入門用套路

"検定4級"初級者套路

1、2、3級,上位段検定用

48式太極拳 32式太極剣 太極扇

中、上級者向け太極拳

次に習いたい”32太極剣”

女性に人気で優雅な”太極扇”


HOME 太極拳発祥 簡化太極拳教程 お気に入りリンク集 言いたい放題