太極拳基本型(形)動作説明

太極拳基本形動作説明

太極拳の套路を表演をする場合に基本的な太極拳の基本形を完全にマスターして置けば、後々迷う事なく順次太極拳のレベルアップができるでしょう。太極拳を覚えるコツは、まず基本形を把握してしまうのが一番かと思います

 

太極拳を生活の一部とし長く愛用している方の中には、簡化二十四式太極拳の他にも42式、48式、88式、太極扇、太極剣へと移行し、また陳式、楊式、陽明時太極拳などの他、様々な太極拳関連を習っておられるようです。

 

しかし、太極拳の本質、本髄を疎かにして套路の型を覚え表演している場合が多いと聞きます。太極拳の基本形を覚えて套路の流れに沿って忠実に表演できるようにするには、自己流でなく正しい師に仰ぐのが一番の早道かと思います。※型:太極拳の型、形:型の動作説明

 

太極拳を掲載先している雑誌、太極拳の本、また動作説明のDVDも本屋さんやインタネットから購入できるようになりました。先人達の話を総合すると「昔は、先生(師)の後ろ姿を真似て自然に覚えた。」とか。現在でもその傾向にあるようですが、若い人達の間には、それでは太極拳を広める事も難しいかと思います。そこで太極拳の型を一つ一つ丁寧に教えている教室なども増えています。

 

太極拳を間違った動作(形)で覚えてしまうと、その修正に倍とか三倍とかの時間を費やしてしまうそうです。そうならない為にも、太極拳を習い始めから正しい太極拳の基本形動作を覚えて行くのが良いでしょう。

 

そこで、太極拳基本形動作説明の動画をユーチューブ(tou tube)で見つけので掲載して置きます。

太極拳基本形動作説明動画

 ここでは、基本の動作の動画を掲載しています。太極拳には、多くの流派がありますが、ここでの太極拳基本形動作は、簡化二十四式太極拳用ですが、何れの太極拳にも通用するものと思います。

 

1 基本動作

 

拳形:こぶし(けん)
 四本の指を握り親指を添えます。

太極拳基本型動作説明

掌形:しょう
 親指を少し引き、残り四本に指の間を自然に開きます。親指と人指し指の間を丸く開くようにします。この形を虎口(ふうこう)と言います。
鉤手:こうしゅ〔単鞭で使う〕
 親指の周囲に四本の指をすぼめながら添えます。手首を下に垂れます。
右棚:野馬分髪〔イェマフェンゾン〕で使う。
 包球姿勢からボールを潰しながら右へ体を回し、右腕を伸ばしきらずに右手一刺し指を目(鼻)の高さに押し広げます。左腕は、体側か離し左手の平を水平に指全体を前方へ向けます。左肘は体から出ないようにし、左手が右腿の中央付近に位置します。

 

他にも参考になる太極拳基本形動作の説明図や動画がありましたら、逐次掲載して行きます。太極拳の形のみでしたら、動作だけでなく図でも十分に習得できるかと思いますので、太極拳基本形動作図などを含めて掲載して行きます。

この太極拳ページから一番購入された書籍(DVDを含む)のご紹介

太極拳関連で購入されている一番人気で、私がオススメしているお気に入りの書籍(DVD動画を含む)で、※本当に習い覚えたい人向けの書籍(DVD動画を含む)です。
”簡化24式太極拳”をマスターする為の入門、初級及び24式太極拳のDVD動画と太極拳を習得過程で必ずマスターしたくなる48式太極拳、32式太極剣及び太極扇 ※太極拳とは何か?というような書籍ではなく太極拳習える本質を知る得る書籍です。♪
最初に習う入門太極拳 習い始めたら初級太極拳 レベルアップ用24式太極拳

"検定5級"入門用套路

"検定4級"初級者套路

1、2、3級,上位段検定用

48式太極拳 32式太極剣 太極扇

中、上級者向け太極拳

次に習いたい”32太極剣”

女性に人気で優雅な”太極扇”

太極拳基本型動作説明関連ページ

太極拳二十四式稽古用(左右反転)動画
太極拳二十四式稽古用に左右反転の動画説明は必要なのか?
簡化24式太極拳背面動画説明
簡化24式太極拳の練習用に適した背面からの動画(you tube)を掲載しています。太極拳のお稽古用としては、背面から撮影した動画だと、生徒さんと同じ感覚で見れるののでとても便利だと思います。

HOME 太極拳発祥 簡化太極拳教程 お気に入りリンク集 言いたい放題